自由気ままに書いちゃおう

好きなことをつらつらと・・・

AWS■EC2

EC2のインスタンスタイプごとのvCPUとハイパースレッディングについて

EC2のインスタンスタイプごとのハイパースレッディングの利用有無を確認する必要があったので、その調査方法についてです。 後から気づいたのですが、AWSコンソールのEC2のところから「インスタンスタイプ」を選択することで、各インスタンスタイプの内容が…

EC2インスタンスのライフサイクル(状態遷移)

EC2インスタンスのライフサイクル(状態遷移)について。まずは、遷移図を紹介。 以下のような動きをする。 EC2のライフサイクル 各インスタンスの状態については、下記表を参照。 インスタンスの状態 説明 インスタンス使用の請求 pending インスタンスは r…

独自ドメインのDNSサーバ/ドメイン名を使用したい(パターン③)

■環境・EC2インスタンス(RHEL7.6)・EC2インスタンスにアタッチしているENI(NIC)は一つのみとする。■前提EC2インスタンスを起動した際、通常はnetwork.serviceとNetworkManager.serviceの両方が起動している。そのため、ネットワーク関連のサービスを起動…

独自ドメインのDNSサーバ/ドメイン名を使用したい(パターン②)

■環境・EC2インスタンス(RHEL7.6)・EC2インスタンスにアタッチしているENI(NIC)は一つのみとする。■前提EC2インスタンスを起動した際、通常はnetwork.serviceとNetworkManager.serviceの両方が起動している。そのため、ネットワーク関連のサービスを起動…

独自ドメインのDNSサーバ/ドメイン名を使用したい(パターン①)

■環境・EC2インスタンス(RHEL7.6)・EC2インスタンスにアタッチしているENI(NIC)は一つのみとする。■前提EC2インスタンスを起動した際、通常はnetwork.serviceとNetworkManager.serviceの両方が起動している。そのため、ネットワーク関連のサービスを起動…

Windowsサーバの日本語版を探す

AWSのEC2インスタンスでWindowsサーバ(日本語版)を探す方法についてです。■急いでいるから答えだけ教えてほしいって方はこちら。AMIの検索から「Windows Server Japanese」等で検索しても検索結果にWindowsServerの日本語版が表示されないため、下記のよう…

boto3インストールと使い方

■前提 ・python3.7がインストール済みであること。・RHEL7.6を使用・rootユーザで作業を実施 ■実行コマンド # which pip3 /usr/local/python/bin/pip3 # which pip /usr/local/bin/pip # ls -l /usr/local/bin/pip lrwxrwxrwx 1 root root 28 11月 27 10:24 …

EBSスナップショットの世代管理

■スナップショットの基本 ・1世代目はフルバックアップ ・2世代目以降は増分バックアップ(=1世代目から変更された箇所のみをバックアップ) ・Snapshot作成時にブロックレベルで圧縮してS3に保管される ・2世代以降を取得している場合、1世代目は削除して…

インスタンス作成時のユーザデータについて

EC2インスタンスを生成する際に、ユーザデータに情報を入力することでコマンド実行等ができる。 下記サンプルコードによりインスタンス作成時に自動的に処理を実行してくれる。 ■サンプルコードの内容 ・SELinuxを無効化 ・IPv6を無効化(カーネルレベルで無…

AMI作成(イメージの作成)

■EC2インスタンスのスナップショットを取得(=カスタムAMIの作成) 1.バックアップを取りたいインスタンスを右クリック「イメージ」>「イメージの作成」を選択 2.「イメージ名」、「イメージの説明」を入力、「再起動しない」にチェック。 AMI作成時に…

EC2のDHCP設定について

■前提 ・RHEL7.6で動作確認(ホスト名はrhel761とした) ・NetworkManager.serviceは無効化(=networkサービスを使用) ■実施したいこと testprivate.localというドメイン名の名前解決を実施したい ■/etc/resolv.confについて network.serviceを使用してい…

EBS作成時の注意点

EC2インスタンスにEBSボリュームをアタッチする際、 EC2インスタンスと同じAZにEBSボリュームが存在している必要がある。 EC2インスタンスと異なるAZにEBSボリュームが存在する場合、アタッチ時にEC2インスタンスが候補に出てこないので注意する。

EBSの暗号化(EBS Encryption)

■参考サイト docs.aws.amazon.com ■EBS暗号化(ボリューム作成時、デフォルトは暗号化しない) 暗号化されたEBSボリュームを作成し、 インスタンスにアタッチする場合は、以下のデータが暗号化される。 ・ボリューム内の保存データ ・ボリュームとインスタン…

プライベートサブネットに存在するインスタンスへの接続方法

■前提 ・パブリックサブネットに存在する何かしらのLinuxサーバにローカルから接続できること。 ・プライベートサブネットに存在するLinuxサーバの秘密鍵(=~.pem)を保持していること。 ■方法 1.接続できるLinuxサーバ(例えば、パブリックセグメントに…

デフォルトのセキュリティグループについて

AWS アカウントには、VPC ごとにデフォルトのセキュリティグループが自動的に設定される。 インスタンスを起動するときにセキュリティグループを指定しない場合、 そのインスタンスはデフォルトのセキュリティグループに自動的に関連付けられる。 デフォルト…

EPELリポジトリを追加する

■前提 RHEL7.6で確認 ■手順 1.現状のリポジトリを確認 # yum repolist 読み込んだプラグイン:amazon-id, rhui-lb, search-disabled-repos リポジトリー ID リポジトリー名 状態 !rhui-REGION-client-config-server-7/x86_64 Red Hat Update Infrastruc 3 !…

メタデータ(meta-data)

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/ec2-instance-metadata.html 「実行中のインスタンスへの設定や管理」、「インスタンス初回起動時の設定時」は 以下の情報を使用することができる。 ■インスタンスのメタデータの取得方法1 1.…

AmazonLinuxの1系、2系の違い

■Amazon Linux 2 AMI (HVM)2系。RHEL7ベース。 # cat /etc/system-releaseAmazon Linux release 2 (Karoo) ■Amazon Linux AMI 2018.03.0 (HVM)1系。RHEL6ベース。# cat /etc/system-releaseAmazon Linux AMI release 2018.03

cloud.cfgのModulesについて

cloud.cfgはモジュールを用いて動作を行う。 モジュールにより、実行頻度(Module frequency)が異なる。 ■基本 cloud-initは /var/lib/cloud/scripts 内にあるスクリプトを、 cloud-init起動時(インスタンスの起動時)に実行する。 この中には以下の4つのデ…

DedicatedインスタンスとDedicated ホスト

■テナンシー(=テナント属性) インスタンス作成時に以下のように、「テナンシー」を選択することができる。 デフォルトでは「共有」(=default)が選択されている。 ■共有ハードウェアインスタンスの実行 EC2インスタンスを、第三者と共有している物理ホス…

システムステータス(SystemStatus)とインスタンスステータス(InstanceStatus)のチェックについて

■システムステータスのチェック これらのチェックでは、インスタンスを使用するために必要な AWS システムを監視し、 AWS システムが正常に動作していることを確認している。 CloudWatchで監視している場合のメトリクス名は「StatusCheckFailed_System (Stat…

EC2のホスト名を変更(ホスト名の永続化)

■前提 RHEL 7 または CentOS 7 Linux インスタンスのホスト名を更新 ■手順 1. hostnamectl コマンドを実行 $ sudo hostnamectl set-hostname --static <persistent_host_name> 2. /etc/cloud/cloud.cfg ファイルを更新 $ sudo vi /etc/cloud/cloud.cfg ファイルの末尾に次の文字列</persistent_host_name>…

EC2の初回起動と設定

■初回起動までのステップ ①Amazon Machine Image(AMI)の選択 OS(Windows/Linux)が格納されるボリューム(=ルートボリューム)のテンプレートを選択する。 ②インスタンスタイプの選択 マシンスペック(CPU、GPU、メモリ、ストレージ等)の組み合わせ(=…

インスタンス作成時の自動割り当てパブリックIP

設定値は以下3つ。 ①サブネット設定を使用 ②有効化 ③無効化 インスタンス作成時に①を選んだ場合、サブネットの設定でパブリックIPが有効になっているかがポイント。 有効の場合にはインスタンスにもパブリックIPが付与される。 無効の場合にはインスタンス…

yumコマンドに失敗する

■前提 RHEL7.6で確認 ■事象 yumコマンド実行時に、以下のようなエラーが出力する。 Could not contact any CDS load balancers: rhui2-cds01.ap-northeast-1.aws.ce.redhat.com, rhui2-cds02.ap-northeast-1.aws.ce.redhat.com. ■理由 サーバのresolv.confに…

DHCP設定について

■大前提 ・EC2では基本DHCP設定を用いる。 ・DHCPサーバはサブネットの先頭 ※DHCPの各種パケット結果を見た結果 サブネットが172.17.10.0/24 であれば、172.17.10.1がDHCPサーバになる。 ・DHCP使用時の動作の流れは、以下が参考になる。 1.DHCP Discover…

プロビジョニング、デプロイ、ローンチ

用語の理解が曖昧だったため、あらためて整理した。 ■プロビジョニング 必要に応じてNWやコンピュータの設備などのリソースを提供できるように準備しておくこと。 ■デプロイ システムを利用可能な状態にすること。「アプリケーションデプロイ」とかで使う。 …

DHCPとDNSと予約アドレス(概要)について

AWSではVPCとDHCP設定が紐づいている。(VPCで1つのDHCPセットオプションをリンクさせることができる) また、DHCPの設定にてDNSサーバやNTPサーバが指定されている。 デフォルトでは、以下の「DHCPオプションセット」が用意されている。 ※GUIの場合には、「…

cloud.cfgファイルについて

■前提 ・YAML(ヤムル)表記。 ・コメントは# ・マイナス記号から始まるものは、YAML表記のリスト(=配列)を意味する。 ■cloud.cfgで指定されている複数モジュールの実行タイミングについて 以下の順番で実行される。# systemd-analyze plot > /tmp/analyze…

AMI展開時の注意点(鍵情報について)

■総評 AMI展開時に、AMI内のec2-userの鍵情報は、新規インスタンス作成時に上書きされない。 ■具体的に ・インスタンスA(キーペア:A-Keyで作成したインスタンス)をAMI化する。 → 以降、「AMI_A」とする。 ・AMI_Aを使用してインスタンス(=インスタンスB…