自由気ままに書いちゃおう

好きなことをつらつらと・・・

【RHEL8】リソース確認コマンド一覧

今回はサーバのリソースを確認するためのコマンドについてです。sysstatパッケージがインストールされていることを前提としております。インストール手順は下記を参考にしてもらえると嬉しいです。 www.guri2o1667.work ■確認コマンドの一覧 ■free ■vmstat ■…

【RHEL8】sarコマンドの設定と使い方

今回は、sarについてです。ざっくりいうと、継続的にシステム情報を収集/保管することができます。RHEL8の最小インストールではインストールされていませんでした。そのため、インストール方法から記載しております。 ■sarのインストール ■sarインストール後…

【RHEL8】システム状態の確認

今回はシステム状態を確認するコマンドについてです。具体的には以下コマンドを取り上げています。① uptime② top③ htop ■①uptimeコマンド ■②topコマンド ■1行目:top - 15:17:22 up 3:23, 3 users, load average: 0.00, 0.00, 0.00 ■2行目:Tasks: 230 total…

【RHEL8】ハードウェア情報の確認方法

今回はハードウェア情報を確認する方法を記載致します。 ■利用するコマンド ■①lshwコマンド ■ネットワークデバイス詳細情報 ■クラス名の確認方法 ■②dmidecodeコマンド ■BIOS情報の表示 ■③lscpuコマンド ■④lspci/lsusbコマンド ■⑤lsblkコマンド ■利用するコマ…

【RHEL8】【AWS】時刻同期について(chronyd , chronyc)

前回、前々回で時刻周りを記事にしている為、今回は時刻同期についてです。 www.guri2o1667.work www.guri2o1667.work ■NTPについて ■NTPを実装するためのサービスについて ■ntpdとchronydの同時起動について ■ntpdとchronydの比較 ■AWSのEC2のchronyについ…

【RHEL8】ハードウェアクロック(RTC)とソフトウェアクロックについて

前回、timedatectlコマンドについて記載しております。 www.guri2o1667.work 前回の記事で取り上げなかった、「ハードウェアクロック」と「ソフトウェアクロック」について記載しております。 ■ハードウェアクロックについて ■ソフトウェアクロックについて …

【RHEL8】timedatectlコマンド(タイムゾーンの確認と変更)について

いつの間にかtimedatectlコマンドの表示結果が変わっていたので、整理も兼ねて、纏めてみます。下記は参考までに。 www.guri2o1667.work ■timedatectlコマンドについて ■RHEL上での時刻の扱いについて ■現在時刻と設定を表示 ■設定可能なタイムゾーンの確認 …

【RHEL8】ロケール設定(キーボードレイアウト設定)について

前回、「OSの言語設定」について取り上げました。 www.guri2o1667.work 今回は、「キーボードレイアウト設定」についてです。※レイアウトと表記していますが、キーボード配列設定のことです。 ■現在の設定値の確認 ■利用可能なキーマップ(キー配列)の確認 …

【RHEL8】ロケール設定(OS言語設定)について

ロケール(=地域情報)についてです。「OSの言語設定」「キーボードレイアウト変更」の際に利用すると思っていただければ支障はないかと。ここでは、「OSの言語設定」だけにフォーカスしています。※「キーボードレイアウト設定」は以下です。 www.guri2o166…

【RHEL8】systemdのTimerユニットについて

スケジュール実行にはCron(anacron)によるもの以外にも、systemdのTimerユニットを使う方法があります。本記事では、Timerユニットについて記載しております。 ■Timerユニットとは? ■Timerユニットによるスケジュール一覧 ■スケジュール一覧の各カラムに…

【Python3】JupyterNotebookでの仮想環境設定

前回、以下の記事で仮想環境の作成を記載しております。 www.guri2o1667.work 仮想環境構築後にJupyterNotebookを利用しようとすると、つまづくポイントがあるため、ここで整理しておきたいと思います。 ■基本的なJupyterNotebookの起動方法について ■つまづ…

【Python3】Anacondaを利用した仮想環境の作り方について

仮想環境の作り方についてです。 ■仮想環境とは? ■Anaconda Prompt 起動時の環境は? ■仮想環境の作成 ■補足1:仮想環境の作成場所について ■補足2:コマンドによる仮想環境の作成について ■補足3:仮想環境の切り替え方法について ■補足4:仮想環境のP…

【docker】ビルドコンテキスト(build context)とは?

今回はビルドコンテキストについてです。 ■ビルドコンテキストの説明に入る前に・・・ ■ビルドコンテキストとは? ■ビルドコンテキストの用途 ■docker build時にコンテナにコピーしたいファイルの格納先 ■ビルドコンテキストをもう少し深堀りしてみる ■Docke…

【WSL2】Ubuntu実行時のWindows内のファイルはどこにある?

WSL2でUbuntuを起動した際に、Windows上のファイルを参照する方法についてです。 ■結論 ■補足 ■結論 /mnt 配下にあります。具体的には、testユーザのDesktopは以下のパスになります。/mnt/c/Users/test/Desktop ■補足 画面イメージは以下の通りです。 以上で…

【docker】任意のDockerfileを指定してビルドする

前回の記事でDockerfileを利用したビルド方法を書きました。 www.guri2o1667.work この時は、Dockerfileという名前を決め打ちで使っておりました。今回は、任意のDockerfile名を利用したビルド方法について記載致します。 ■はじめに(前回のおさらい) ■やり…

【docker】Dockerイメージの作成について(dockerfileとdocker buildコマンド)

過去の記事でDockerイメージの作成について触れています。 www.guri2o1667.work 今回は、「Dockerイメージを作成する際の手段」について整理したいと思います。 ■はじめに ■(概要)docker buildコマンドとは ■dockerfileとは ■dockerfileの記述内容例 ■dock…

【docker】docker ps コマンドとdocker ps -aコマンドについて

docker ps コマンドとdocker ps -aコマンドについてです。 ■docker ps コマンド ■docker ps -a コマンド ■補足 ■docker ps コマンド 起動中のコンテナ情報を出力します。 ■docker ps -a コマンド 起動中、停止中を含む、すべてのコンテナ情報を出力します。 …

【AWS】ACM利用時にYour certificate is renewedというメールが送られてくる

今回はAmazon Certificate Manager(=ACM)利用時にSSL証明書の自動更新が失敗したときのことを記載致します。 ■エラー内容について ■対応方法(概要) ■対応方法(詳細:Eメール検証) ■原因の前に・・・SSL証明書の自動更新の仕組みについて ■原因 【上記…

【docker】apacheコンテナを利用してみる(ポート転送)

今回はせっかくなので、apacheコンテナを動作させるついでに、ポート転送(ポートフォワーディング)の動作確認をしてみたいと思います。 ■ポート転送とは? ■作業の流れ ■① コンテナ起動時に「8080番ポートへのアクセスは、コンテナの80番ポートに転送する…

【docker】docker run / docker exec時のシェルからの抜けるときのコンテナ状態について

docker runコマンドとdocker execコマンドとで、シェルから抜けたときのコンテナの起動状態が認識と異なっておりましたので、それについてまとめたいと思います。 www.guri2o1667.work ■間違って認識していた内容 ■正しい内容 ■コマンド結果)①docker run → …

【RHEL8】crontabコマンドの実行ユーザの制限(cron.denyとcron.allow)

前回、前々回からの続きです。今回は、crontabコマンドの実行ユーザを制限したいと思います。 www.guri2o1667.work www.guri2o1667.work ■やりたいこと ■やること(概要) ■手順 ■/etc/cron.denyと/etc/cron.allowについて ■/etc/cron.denyと/etc/cron.allow…

【RHEL8】crontabコマンドの注意点

前回、以下の記事を書きました。 www.guri2o1667.work この際、全然意識していなかった注意点があったので、ここで記載致します。 ■はじめに ■やったこと ■まとめ ■はじめに 以下の状態を開始時点とします。 ■やったこと rootユーザでユーザを指定してcron情…

【RHEL8】cronとcrontabコマンドと権限周りについて

今回はcronとcrontabコマンドについてです。 ■cron(クーロン)とは? ■crontabコマンドとは? 【書式】 【例:user1のcron情報を表示】 【例:user1のcron情報を更新】 【例:user1のcron情報を削除】 【例:rootのcron情報を表示】 【例:ログイン中ユーザ…

【docker】CentOS8 をカスタマイズする

今回はCentOS8のコンテナをカスタマイズしてみます。 ■はじめに ■CentOS8の状態について ■カスタマイズ)rpmパッケージのインストール ■カスタマイズ後のコンテナについて ■カスタマイズ後のコンテナを使いまわしたい場合 ■自分でコンテナイメージを作る ■は…

【docker】docker run と docker execの違いについて

混乱しがちな2つのコマンドについてです。 ■本記事の流れについて ■1.docker runについて ■2.docker execについて ■3.なぜ混乱しがちなのか ■4.コンテナへのログイン方法 ■① 起動直後にログインするパターン(docker run) ■② 起動後に任意のタイミ…

【docker】CentOS8のコンテナイメージを使ってみる

今回はCentOS8のコンテナイメージを利用してみます。 ■CentOS8のPULL ■CentOS8の起動 ■CentOS8のPULL 1.以下コマンドを実行します。 docker pull centos:centos8docker images ■CentOS8の起動 1.以下コマンドを実行します。 docker run --name centos81 …

【docker】DockerHubの料金プランについて

今回はDockerHubの料金体系についてです。※2020年11月2日時点の内容です。 ■公式ページ ■決済種別 ■料金プランについて ■料金プランの主な違いについて 【リポジトリ個数】 【6時間当たりのデータ転送(PULL数)】 【サポート】 ■公式ページ www.docker.com …

【docker】DockerHubリポジトリのコンテナイメージの削除

今回は、プライベートリポジトリにPUSHしたデータを削除したいと思います。 ■削除方法 ■削除方法 1.ブラウザからDockerHubにアクセスします。2.プライベートリポジトリを選択し「Tags」をクリックします。 3.削除対象のコンテナイメージを選択します。…

【docker】docker pushコマンドの実行

今回はローカルのコンテナイメージを、DockerHubのプライベートリポジトリへPUSHしてみようと思います。 ■前提 ■PUSH対象のコンテナイメージについて ■PUSHまでの流れ ■1.hello-worldコンテナイメージをPULL(事前準備) ■2.PUSH用のコンテナイメージの…

【docker】docker loginコマンドでDockerHubへログイン

DockerHubのアカウント作成は過去の記事で記載していますが、作成したアカウントをDockerから利用していなかったため、今回はDockerからDockerHubへログインしてみようと思います。 www.guri2o1667.work ■はじめに1 ■はじめに2 ■DockerHubへのログイン(=…