自由気ままに書いちゃおう

好きなことをつらつらと・・・

Azureストレージアカウントの作成

Azureのストレージアカウントについてです。
ストレージアカウントはAWSでいうところのS3の概念です。

■ストレージアカウントの種類について
以下3種類が存在し、ストレージアカウントを新規作成時に選択する必要があります。
1.汎用V1
 ⇒ 非マネージドディスクとして利用。
   ※使用頻度は少ない。将来的に廃止予定となっている為、使わない方が良い。

2.汎用V2
 ⇒ 汎用V1にhot/cool/archiveのアクセス層を指定可能。
   ※AzureBackupで取得したバックアップからリストアするときに使用する。
   ※AWSのS3 GlacierやS3 低頻度アクセスの概念に似ている。

3.BLOB
 ⇒ バイナリデータを保存する際に利用。
   ※使用頻度が高い。

■ストレージアカウントの作成
1.ストレージアカウントを選択します。

f:id:guri2o1667:20200310184951p:plain

2.「追加」をクリックします。

f:id:guri2o1667:20200310185017p:plain

3.必要事項を入力し、「次:ネットワーク」をクリックします。
ここでは、BLOBを作成しています。

f:id:guri2o1667:20200310185344p:plain


4.「パブリックエンドポイント(すべてのネットワーク)」を選択し、「次:詳細」をクリックします。
※検証のため、セキュリティ云々は一旦考えずで作成しております。

f:id:guri2o1667:20200310185606p:plain


5.「詳細」はすべてデフォルトのまま、「確認および作成」をクリックします。

f:id:guri2o1667:20200310185656p:plain


6.検証に成功したら、「作成」をクリックします。

f:id:guri2o1667:20200310185743p:plain


7.デプロイが完了したら、「リソースに移動」をクリックします。

8.「状態」が「プライマリ:利用可能」になっていることを確認します。

f:id:guri2o1667:20200310190112p:plain


以上です。