自由気ままに書いちゃおう

好きなことをつらつらと・・・

Azure Backupからの復元(リストア)について

前回取得したバックアップデータを使用し、リストアを実施したいと思います。

www.guri2o1667.work

 

 

■リストアの種類について


AzureVMBackupで取得したバックアップデータからリストアする場合、以下4パターンのうちのどれかを採用することになります。

1.新規仮想マシンの作成
2.既存仮想マシンとの置換
3.ボリュームの復元
4.ファイルやフォルダーの復元

ここでは、上記1を実施します。
上記2、3、4は機会があれば取り上げようと思います。

■注意事項


リストア時、ストレージアカウント(汎用V2)が存在している必要があります
以下を参考に事前に作成してください。

www.guri2o1667.work




■1.新規仮想マシンの作成


1.RecoveryServiceコンテナーをクリックします。
f:id:guri2o1667:20200310093926p:plain

2.リストア対象のバックアップデータが保存されているRecoveryServiceコンテナーをクリックします。
ここでは、「rhel-rsc」を選択しています。

f:id:guri2o1667:20200310182341p:plain


3.「保護されたアイテム」の「バックアップアイテム」をクリックします。

f:id:guri2o1667:20200310182521p:plain

4.「Azure Virtual Machine」をクリックします。

f:id:guri2o1667:20200310182612p:plain

5.リストア対象の仮想マシンをクリックします。
※ここでは、「rhel771」を選択しています。

f:id:guri2o1667:20200310182654p:plain

6.「VMの復元」をクリックします。

f:id:guri2o1667:20200310182812p:plain


7.「復元ポイントの選択」にて、復元したい日時データを選択し、画面下の「OK」をクリックします。

f:id:guri2o1667:20200310183532p:plain


8.「復元の構成」で必要事項を入力し、「OK」をクリックします。

f:id:guri2o1667:20200310190810p:plain

9.すべてチェックが通ると、画面左下の「復元」ボタンが押せるようになります。「復元」をクリックします。

f:id:guri2o1667:20200310190916p:plain

10.復元が正常に開始すると通知領域に下記が表示されます。

f:id:guri2o1667:20200310191052p:plain

11.「RecoveryServiceコンテナー」の「監視」>「バックアップジョブ」をクリックすると進捗状況がわかります。

f:id:guri2o1667:20200310191321p:plain


12.手順11で確認したワークロード(ここでは、「rhel771」)をクリックすると詳細を確認できます。
※リストア完了までのパーセンテージと時間が表示されますが、全くあてにならない。。。

f:id:guri2o1667:20200310191501p:plain

下記は完了画面です。

f:id:guri2o1667:20200310193242p:plain


13.「VirtualMachines」を開くと、リストアした仮想マシンが増えていることを確認できます。
※ここでは、rhel772という仮想マシンが増えている。

f:id:guri2o1667:20200310193400p:plain


■補足1

リストアした仮想マシンは、ソースが「ディスク」という表示になります。

f:id:guri2o1667:20200310193503p:plain

 

■補足2

仮に、仮想マシンに複数のディスク(データディスク含む)が搭載されていた場合でも、AzureVMBackupで取得したバックアップデータには、複数ディスクの情報が取得されております。
そのため、特に心配することもなく、リストアした仮想マシンは、バックアップデータの仮想マシンの構成と同様になります。
※下図はリストアした仮想マシンのディスク情報です。複数ディスクがきちんとリストアできていることが確認できます。

f:id:guri2o1667:20200403161547p:plain


以上です。次回はバックアップデータの削除です。

 

www.guri2o1667.work