自由気ままに書いちゃおう

好きなことをつらつらと・・・

【RHEL8】コネクション名の変更とIPv6無効化

インストールしたRHEL8.2のネットワーク設定を行います。
CLIから行います。

■現在の設定値を確認

f:id:guri2o1667:20201005110925p:plain

deviceは物理NIC名
connection(con)は論理名
です。
設定はconnectionに対して行います。
※TYPEがbridgeのものは気にしないでください。
 (VMware workstation 15 playerでRHEL8をインストールしている為に表示されています。)

■NICを接続する(LinkUpさせる)

LinkUpしていなかったため、LinkUpさせます。

f:id:guri2o1667:20201005111843p:plain

f:id:guri2o1667:20201005112101p:plain

ens160というconnection名のIPアドレスが「192.168.0.4/24」であることがわかります。

■Device名とConnection名が不一致の場合の対処(コネクション名の変更)

上記では一致していますが、AWSのEC2上でRHEL8.2を起動すると、
Device名(eth0)とConnection名(System eth0)が不一致になっております。

f:id:guri2o1667:20201005113528p:plain

一致していた方が管理がしやすいので、Connection名を
「System eth0」⇒「eth0」に変更します。
※Connection名をDevice名に合わせます。

f:id:guri2o1667:20201005113724p:plain

 

■IPv6を無効化する(デバイスごと)

第25章 NetworkManager を使用するシステムで IPv6 の無効化 Red Hat Enterprise Linux 8 | Red Hat Customer Portal


ipv6は使用しないので、(デバイス単位で)IPv6を無効化します。
※ここでは、「ens160」というデバイス名(=コネクション名)で作業しています。

f:id:guri2o1667:20201005112733p:plain

上記でens160でipv6の設定が消えていることがわかります。
また、念のため、下記コマンド結果が「1」であることを確認しておきます。

f:id:guri2o1667:20201005113029p:plain

 

■DNS設定

LinkUpした時点で自動的に/etc/resolv.confがNetManagerによって自動生成されます。

f:id:guri2o1667:20201005113226p:plain


以上です。