自由気ままに書いちゃおう

好きなことをつらつらと・・・

【RHEL8】rootユーザのパスワードを変更する(GRUBから)

rootユーザのパスワード変更はpasswdコマンドで実施できますが、
そもそもrootユーザにログインする際のパスワードを忘れた場合にはpasswdコマンドは実行できません。
よって、ここではサーバにログインする前にrootユーザのパスワードを変更する方法を記載致します。

■はじめに

冒頭の通り、OSにログインせずにrootユーザのパスワードを変更致します。
具体的にはGRUB画面(=OS起動画面)から変更します。

■前提

物理サーバもしくは仮想サーバ等のコンソール接続ができる環境を前提で記載しております。
AWSのEC2に構築したRHEL8については未検証です。申し訳ありません。

■手順

1.以下のGRUB起動メニューにて、キーボードの「e」を押します。
以下の画面表示時に、「e」を押します。

f:id:guri2o1667:20201019122431p:plain

「e」を押した後の画面は以下のような感じです。

f:id:guri2o1667:20201019122843p:plain


2.以下の通り変更します。
※「rhgb quiet」を「rw init=/bin/bash」に変更します。
尚、英字キーボードになっている為、「=」は「^」を押します。

変更前: linux ※中略※ rhgb quiet
変更後: linux ※中略※ rw init=/bin/bash

f:id:guri2o1667:20201019123321p:plain


3.「Ctrl+x」キーを押します。
※押した瞬間に画面が遷移します。
画面が動いた後に、
「bash-4.4#」のように「bash~」のプロンプトが表示されていれば大丈夫です。

f:id:guri2o1667:20201019123500p:plain

4.通常のパスワード変更同様に以下の通り実行します。

f:id:guri2o1667:20201019123636p:plain


5.OS再起動を実施します。
尚、以下の通り、
普段よく使うコマンドは使えません。

f:id:guri2o1667:20201019123902p:plain

よって、以下の通り実行します。

exec /sbin/init


f:id:guri2o1667:20201019124026p:plain

6.変更したパスワードでログインできることを確認します。

f:id:guri2o1667:20201019124125p:plain

以上です。