自由気ままに書いちゃおう

好きなことをつらつらと・・・

【書評】Azureを勉強するにあたり購入した参考書について1

Azureを勉強するにあたり、購入した書籍を紹介したいと思います。
書評ほどガッツリ記載するわけではないですが、これからAzureを勉強する人の参考になれば嬉しいです。

最初に購入したのは以下の書籍です。
(私は合計で2冊購入しました。そのうち最初に購入したほうの書籍の紹介です。)

書評は、目次の後に記載します。


■ひと目でわかるAzure 基本から学ぶサーバー&ネットワーク構築 第3版

【↓楽天】

ひと目でわかるAzure 基本から学ぶサーバー&ネットワーク構築 第3版 [ 横山 哲也 ]

価格:2,970円
(2020/3/17 16:31時点)
感想(0件)


【↓Amazon↓】

ひと目でわかるAzure 基本から学ぶサーバー&ネットワーク構築 第3版 (マイクロソフト関連書)

新品価格
¥2,970から
(2020/3/26 11:46時点)


こちらの書籍は、著者の方も自ら紹介しておりました。

blogs.itmedia.co.jp


【目次】

第1章 Microsoft Azureの概要
1 クラウドコンピューティングとは
2 Microsoft Azureとは
3 Microsoft Azureを使うには
 コラム ユーザーアカウントの確認
4 管理ツールとデプロイモデル

第2章 仮想マシンを作ってみよう
1 仮想マシンとは
2 ネットワークセキュリティグループを作るには
3 リソースグループを作るには
4 クラウドサービスを作るには(クラシックモデル)
 コラム データセンターの地域(リージョン)
5 ストレージアカウントを作るには
 コラム ストレージアカウントが提供するサービス
6 仮想ネットワークを作るには
7 仮想マシンを作るには(リソースマネージャー)
 コラム IPアドレス
 コラム 仮想マシンのサイズ
8 仮想マシンを作るには(クラシックモデル)
9 仮想マシンを管理するには(Windows編)
 コラム Windowsを日本語化する
10 仮想マシンを管理するには(Linux編)
11 仮想マシンのサービスを公開するには(クラシックモデル)
12 仮想マシンを任意のホスト名で公開するには
 コラム Microsoft Azure以外のIaaSは
13 仮想マシンの起動・停止・削除を行うには

第3章 仮想マシンイメージを作ってみよう
1 仮想マシンイメージとは
 コラム OSイメージとVMイメージ
2 仮想マシンイメージを作る前にすることは(Windows編)
 コラム SysPrepのGUI
 コラム SysPrepは本当に必要なのか
3 仮想マシンイメージを作る前にすることは(Linux編)
4 仮想マシンイメージを作るには(リソースマネージャー)
 コラム リソースマネージャーとJSONファイル
5 仮想マシンイメージを作るには(クラシックモデル)
6 仮想マシンイメージを使うには(リソースマネージャー)
 コラム 仮想マシンの展開時エラー
7 仮想マシンイメージを使うには(クラシックモデル)
 コラム アップロードしたVHDディスクの指定
 コラム イミュータブルインフラストラクチャー
8 管理ディスクと仮想マシンイメージ

第4章 仮想マシンイメージを冗長化しよう
1 スケールアップとスケールアウト
2 仮想マシンをスケールアップするには
3 仮想マシンを冗長化するには:可用性セットの構成(リソースマネージャー)
4 仮想マシンを冗長化するには:可用性セットの構成(クラシックモデル)
 コラム 可用性セットのメンバー
5 リソースマネージャーの仮想マシンをスケールアウトするには:ロードバランサーの構成
6 クラシックモデルの仮想マシンをスケールアウトするには:負荷分散セットの構成
7 共有データを構成するには
8 データディスクを追加するには
 コラム Azureの仮想マシンのディスク構成
9 高速で大容量のデータディスクを構成するには

第5章 仮想ネットワークを構成しよう
1 仮想ネットワークを作成するには
 コラム 「ハブ」「スイッチ」「ネットワーク」
 コラム クラシックポータルで作成したクラシックモデルの仮想マシン
2 仮想マシンを仮想ネットワークに配置するには
 コラム IPアドレスの構成規則
3 IPアドレスを固定するには
4 独自のDNSサーバーを参照させるには
5 仮想ネットワークを社内ネットワークと接続するには:VPNゲートウェイ
6 ポイント対サイト接続を構成するには:証明書の準備
 コラム 自己署名ルート証明書を使う理由
7 リソースマネージャーでポイント対サイト接続を構成するには:Azure側の構成
8 リソースマネージャーでポイント対サイト接続を構成するには:社内側の構成
9 クラシックモデルでポイント対サイト接続を構成するには
10 VNET間接続を構成するには
 コラム VPNゲートウェイの管理画面
11 VNETピアリングを構成するには
 コラム VNETピアリングのリモートゲートウェイ

第6章 Azureにバックアップしよう
1 Azureで利用可能なバックアップ
2 Azureバックアップを準備するには
3 Azureバックアップを実行するには
4 Azureバックアップから復元するには
5 Azureバックアップを停止するには
6 Azure VMバックアップを実行するには
 コラム 仮想マシンブレードからバックアップする
7 Azure VMバックアップから復元するには
8 Azure VMバックアップを停止するには
9 バックアックに対する課金

第7章 まとめ ~ Webアプリケーションサーバーを構築しよう
1 基本設計を行う
2 仮想ネットワークを構成する
3 仮想マシンテンプレートを構成する
4 仮想マシンを展開する
5 バックアップ計画を立てる


■書評
私が書籍を購入するにあたり重視した点は、操作手順が画像付きであることです。
(つまり、初心者向き!!!

AzureだけではなくAWSもそうですが、AzureポータルやAWSコンソールのUIがちょくちょく変更になります。
それでも、比較的新しい画像が記載されている書籍を探しました。

また、Azureの概念が初心者目線で説明されている点も好感が持てました。
そもそもクラウドを勉強するときに、用語の前に概念がわからないことがしばしばありましたが、本書籍は「~とは」というところから章が始まるため、その点も助かりました。

★評価ポイント(おすすめポイント)★
・355ページというボリューム
・比較的新しい画像が使用されている
・用語説明が図解つきで丁寧
・「ヒント」という項目で、詳細説明がされている
・値段が他の参考書と比較すると安価
・Azureを触る上で、一通りメジャーな機能/サービスが紹介されている
・WindowsOSとLinuxOSについて構築例が記載されている

【↓楽天↓】

ひと目でわかるAzure 基本から学ぶサーバー&ネットワーク構築 第3版 [ 横山 哲也 ]

価格:2,970円
(2020/3/17 16:31時点)
感想(0件)


【↓Amazon↓】

ひと目でわかるAzure 基本から学ぶサーバー&ネットワーク構築 第3版 (マイクロソフト関連書)

新品価格
¥2,970から
(2020/3/26 11:46時点)



以上です。
2冊目はこちら。

www.guri2o1667.work
【↓楽天↓】

Azure定番システム設計・実装・運用ガイド オンプレミス資産をクラウド化するためのベストプラクティス [ 日本マイクロソフト株式会社 ]

価格:4,070円
(2020/3/17 16:29時点)
感想(0件)


【↓Amazon↓】

Azure定番システム設計・実装・運用ガイド オンプレミス資産をクラウド化するためのベストプラクティス (マイクロソフト関連書)

新品価格
¥4,070から
(2020/3/26 11:42時点)