自由気ままに書いちゃおう

好きなことをつらつらと・・・

EC2のインスタンスタイプごとのvCPUとハイパースレッディングについて

EC2のインスタンスタイプごとのハイパースレッディングの利用有無を確認する必要があったので、その調査方法についてです。

 

後から気づいたのですが、AWSコンソールのEC2のところから「インスタンスタイプ」を選択することで、各インスタンスタイプの内容が詳細に確認できるそうです。

 

f:id:guri2o1667:20200215140349p:plain

f:id:guri2o1667:20200215140523p:plain

 

以下は上記に気付くまで、サーバにログインしてコマンドを打った結果です。

参考までに。。。笑

 

■参考ページ

access.redhat.com

 

■インスタンスタイプが t2.large

【物理CPUの数】

  # grep physical.id /proc/cpuinfo | sort -u | wc -l
  1

 

【CPUごと(=1CPUあたり)のコアの数】

  # grep cpu.cores /proc/cpuinfo | sort -u
  cpu cores : 2

 

【論理プロセッサの数】

  ※コアの数と一致しない場合には、ハイパースレッディングが有効。

  # grep processor /proc/cpuinfo | wc -l
  2

 

■補足:インスタンスタイプ t2.largeの/proc/cpuinfo

  # cat /proc/cpuinfo
  processor : 0       ※コア一つ目
  vendor_id : GenuineIntel
  cpu family : 6
  model : 79
  model name : Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2686 v4 @ 2.30GHz
  stepping : 1
  microcode : 0xb000038
  cpu MHz : 2300.246
  cache size : 46080 KB
  physical id : 0    ※物理CPUの数。マザーボードにCPUが物理的に付いている数
  siblings : 2
  core id : 0
  cpu cores : 2      ※物理1CPUあたりのコア数
  apicid : 0
  initial apicid : 0
  fpu : yes
  fpu_exception : yes
  cpuid level : 13
  wp : yes
  flags : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 ht syscall nx rdtscp lm constant_tsc rep_good nopl xtopology eagerfpu pni pclmulqdq ssse3 fma cx16 pcid sse4_1 sse4_2 x2apic movbe popcnt tsc_deadline_timer aes xsave avx f16c rdrand hypervisor lahf_lm abm fsgsbase bmi1 avx2 smep bmi2 erms invpcid xsaveopt
  bogomips : 4600.12
  clflush size : 64
  cache_alignment : 64
  address sizes : 46 bits physical, 48 bits virtual
  power management:

  processor : 1            ※コア二つ目
  vendor_id : GenuineIntel
  cpu family : 6
  model : 79
  model name : Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2686 v4 @ 2.30GHz
  stepping : 1
  microcode : 0xb000038
  cpu MHz : 2300.246
  cache size : 46080 KB
  physical id : 0    ※物理CPUの数。マザーボードにCPUが物理的に付いている数
  siblings : 2
  core id : 1
  cpu cores : 2      ※物理1CPUあたりのコア数
  apicid : 2
  initial apicid : 2
  fpu : yes
  fpu_exception : yes
  cpuid level : 13
  wp : yes
  flags : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 ht syscall nx rdtscp lm constant_tsc rep_good nopl xtopology eagerfpu pni pclmulqdq ssse3 fma cx16 pcid sse4_1 sse4_2 x2apic movbe popcnt tsc_deadline_timer aes xsave avx f16c rdrand hypervisor lahf_lm abm fsgsbase bmi1 avx2 smep bmi2 erms invpcid xsaveopt
  bogomips : 4600.12
  clflush size : 64
  cache_alignment : 64
  address sizes : 46 bits physical, 48 bits virtual
  power management:

 

 

下記は念のため、出力

# lscpu
アーキテクチャ: x86_64
CPU op-mode(s): 32-bit, 64-bit
Byte Order: Little Endian
CPU(s): 2
On-line CPU(s) list: 0,1
コアあたりのスレッド数:1
ソケットあたりのコア数:2
Socket(s): 1
NUMAノード: 1
ベンダーID: GenuineIntel
CPUファミリー: 6
モデル: 63
Model name: Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2676 v3 @ 2.40GHz
ステッピング: 2
CPU MHz: 2399.890
BogoMIPS: 4800.11
ハイパーバイザーベンダー:Xen
仮想化タイプ: 完全仮想化
L1d キャッシュ: 32K
L1i キャッシュ: 32K
L2 キャッシュ: 256K
L3 キャッシュ: 30720K
NUMAノード 0 CPU: 0,1
Flags: fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 ht syscall nx rdtscp lm constant_tsc rep_good nopl xtopology eagerfpu pni pclmulqdq ssse3 fma cx16 pcid sse4_1 sse4_2 x2apic movbe popcnt tsc_deadline_timer aes xsave avx f16c rdrand hypervisor lahf_lm abm fsgsbase bmi1 avx2 smep bmi2 erms invpcid xsaveopt

 

 

以上です。