自由気ままに書いちゃおう

好きなことをつらつらと・・・

予算アラートの設定

予算アラートについてです。

Azureを使っていて、「知らぬ間に高額な請求が発生していた・・・」なんてことが無いように料金状況は把握しておきたいところです。

 

そんな時に助けてくれるのが、「予算アラート」の設定です。

念のためですが、無料アカウントでAzure上で作業するにあたっては、無料アカウントで使用できるリソースの課金は発生しません。

 

■予算アラートとは?

自分が決めたアラート金額(=これぐらい使ったら、Azure側から教えてくれると助かるって金額)以上になった際に、メールを受け取ることができるサービスのことです。

もちろん、無料で使用できます。

 

■予算アラートの良いところ

前述したの利点がすべてですが、具体的には

・使いすぎを抑止することができます

・リソース(仮想マシン、等)の放置を防げます

 

■予算アラートの注意するところ

あくまで予算アラートに到達することを教えてくれるだけで、実際の課金を止めてくれるわけではないです。

 

■予算アラートの設定方法について

実際に設定してみます。

 

1.左メニューの「すべてのサービス」をクリックします。

f:id:guri2o1667:20200201113115p:plain

すべてのサービス

2.検索ボックスに「サブスクリプション」を入力すると、候補がでてくるため、「サブスクリプション」を選択します。

f:id:guri2o1667:20200201113358p:plain

サブスクリプション

3.以下の通り、「サブスクリプション名」が「無料試用版」と表示されていることを確認し、その「無料試用版」をクリックします。

f:id:guri2o1667:20200201113539p:plain

サブスクリプション名が無料試用版

4.無料試用版の場合、下記のように表示されますが、いったんそのままとします。

f:id:guri2o1667:20200201113732p:plain

警告メッセージ内容

5.左ペインの「予算」をクリックします。

f:id:guri2o1667:20200201113818p:plain

予算

6.右ペインの表示された「追加」ボタンをクリックします。

f:id:guri2o1667:20200201113952p:plain

7.「予算の詳細」欄、「予算額」欄に記載されている項目を埋め、「次へ」をクリックします。

名前: 任意の名前(英数字、アンダースコア、ハイフンのみ可。よって日本語不可)

リセット期間: いつカウントリセットするかを選択

開始日: 自動入力&グレーアウトされているため、そのまま

有効期限: アラートの有効期限。任意の期間を指定

金額: アラートの閾値の金額を入力

 

私は、以下の通り、1000円を超過した場合の設定をしています。

f:id:guri2o1667:20200201114535p:plain

例)予算アラート画面1

8.「通知の設定」で警告条件を入力します。

予算の割合: 先ほど設定した金額に対する割合を入力。

       例えば、1000円の金額設定に対して、1000円を超過したらメールを送信してほしい時には、「100%」と入力します。

 

アクショングループ: ※デフォルトのまま(=「なし」を選択したまま)

 

私は、以下の通り入力しています。

f:id:guri2o1667:20200201114909p:plain

例)予算アラート画面2

9.「アラートの受信者(メール)」に、アラートメールを受信したいメールアドレスを入力します。

f:id:guri2o1667:20200201115005p:plain

例)予算アラート画面3

10.「作成」ボタンをクリックします。

f:id:guri2o1667:20200201115037p:plain

11.画面が遷移すると、設定した項目が表示されていることを確認します。

f:id:guri2o1667:20200201115204p:plain

設定完了後の予算アラート画面

 

 

これで、予算アラートの設定が完了しました。

 

■設定した予算アラートの通知メール

f:id:guri2o1667:20200219211648p:plain

予算アラートを超過した際のメールは上記のようなものです。

見落とさないように気を付けましょう。

 

 

以上です。