自由気ままに書いちゃおう

好きなことをつらつらと・・・

システムステータス(SystemStatus)とインスタンスステータス(InstanceStatus)のチェックについて

■システムステータスのチェック

これらのチェックでは、インスタンスを使用するために必要な AWS システムを監視し、
AWS システムが正常に動作していることを確認している。
 
CloudWatchで監視している場合のメトリクス名は「StatusCheckFailed_System (StatusCheckFailed_System)」となる。
また、正常時は「1」となる。
よって、CloudWatchアラームの閾値は、「StatusCheckFailed_System (StatusCheckFailed_System) >= 1」にすると良い。
 
■インスタンスステータスのチェック
これらのチェックでは、このインスタンスのソフトウェアとネットワーク構成を監視している。
 
CloudWatchで監視している場合のメトリクス名は「StatusCheckFailed_Instance (StatusCheckFailed_Instance) 」となる。
また、正常時は「1」となる。
よって、CloudWatchアラームの閾値は、「StatusCheckFailed_Instance (StatusCheckFailed_Instance) >= 1」にすると良い。